なないろ惑星

7つの惑星の発見は私達に希望をもたらしたのではないかという考察をもとにゆるゆるしてます。ついったーを開設しました。@7iro_planet

甘い出逢いとは。② ジャニーズWEST

この記事は、神山智洋くん桐山照史くんの記事です。

 

わたしの好き勝手に妄想している彼らを垂れ流していきますので、お気に召して頂けましたら嬉しいです…!

ご期待に添えませんでしたらごめんなさい…

 

 

前回の続きをやっていきます〜〜!

前回の中間くんのところで「頭の上に一気にはてなが浮かんだ」というフレーズを入れていましたが、これが中間くんと彼のお母様が喧嘩した際のエピソードからお借りしたことに気がついた方がいれば、嬉しい限りでございます。さすがです!!!

 

文字の大きさをもう一つあげるか悩んでますが…(小声のエフェクトがより強く出る気がして)グレーの文字色が幸いにも助けてくれてるのでいいかな…完全な独り言…

 

それでは、続きを、どうぞ。

 

 

 

 

神山智洋

ダンスやってるお兄さんがいいなぁ

 

 

授業が昼からあるときにしか乗らない電車がある。つまりいつもより遅い電車。降りる時を考えると改札が近い方がいいので、最寄りの改札が近い車両にのって座ると、やっぱり今日もいた!

 

必ずお互いが椅子の端に座って向かい合う形になるから覚えてしまった。

オシャレな彼のファッションはいつも派手めなもので、今日はミリタリーのma-1に、中は白のフード付き柄パーカー。下はスウェットに、ごついスタッズ付きのスニーカー。

キャップ被ってるけど、見える髪色はコロコロかわる。最近は黒髪になったんだけど、ピアスが目立って綺麗で…かっこいい。

 

おっと、まじまじと見過ぎた。

いつも音楽聴いてるからバレてないと思う…んだけど。彼を見るようになってから、私もオシャレに気を使うようになった。

 

降りる駅は同じだから、駅につくと一番に改札を抜けていく姿を追いかけつつ、お昼ご飯を求めて同じパン屋さんに入る。

 

パン屋さんの菓子パンってなんでこんなに美味しい…??

彼をみてしまうのは男の人なのに私と同じセレクトをすることが多いから。それに気がついてからはなんとなく話すタイミングがないものかと思っているんだけど…

「当店オススメのクリームパンただいま焼きあがりました〜!!」

と、焼きたてをもってくる店員さんの声の後に

 

「まじか!」

という明るい声が店内に響いた。

 

あっ、やっぱり、あの人だ。思わずあった目をそらすことができずお互いに笑ってしまい、「ここの…美味しいですよね…」なんておずおずと話しかけてみれば「やんな!焼きたて食べれるとかめっちゃ嬉しいねんけど…」えっ、スマイルかわいい…

 

「この駅ってことは駅前の大学ですか?俺近くでダンス教えてて…あっ、もし時間あれば一緒に食べませんか?」

 

 

 

 

 

 

 

毎週1日だけお昼ご飯に菓子パンたべるだけの仲がいつまで続くのか…

 という悩みが出てくるのはもう少し先のお話。

神ちゃんは電車で見かけるイケメンでいてほしすぎて、電車を無理やり出しました。

 

神ちゃんはある日彼女がもっていたパン屋さんの袋をみて興味をもったりしてくれてたら可愛いな…

ちなみに、彼女が最近オシャレになっていることには気がついている。ええ。

彼女が神ちゃんをじっくりみた後は、神ちゃんが彼女をじっくり見る番

なんだそのすれ違い、したいから電車に神山さん乗ってないですかね。

あとあと、テンションあがってタメ語で話しちゃったけど、改めて話し出した時の敬語が可愛いと思うのです…(可愛いしか言わない)

 

 

 

 

 

 

桐山照史

お祭り屋台のお兄さん…

 

 

毎年ある秋祭り、夏よりも夜の風が涼しくなるころ、友達と示し合わせた浴衣は去年と同じもの。やっぱり可愛くて、おねだりして買ってもらっといてよかったな〜。

 

おまたせ〜なんて言いながら女子二人で屋台を巡っていく。あ!あった、わたあめ!どうしてもこの味食べないと始まらないんだよね〜、「きた、わたあめ、去年も探し回ってたじゃん」そういえば去年もたべて、友達にベタベタするし、焼きそばの方がいいわ…なんて言われたっけ…ちょっと凹んだし、今年も食べたっていいじゃ〜ん!

 

「でも、そんなに笑顔になってくれるんなら作りがいあるわ」

 

え?と出店を振り返ると「はいっ、2色盛り!オレンジと黄色、おすすめ!」と言いながら大きめのわたあめを渡してくれたお兄さんは、めちゃくちゃニッ!という効果音がでるくらい笑ってて。

「これがないと始まらへんねんな」「そうです!!…でもなんで…」

 

「去年わたあめ食べ始めた時、めっちゃ幸せそうやったで。ほんまにええ笑顔やったわ」

 

そこで一気にフラッシュバックした去年の秋祭り

友達に言われて凹んだところで「でも、そんなに笑顔になってくれるんなら作りがいあるわ」といってくれたお兄さんを思い出した。

 

「…思い出してくれた?俺すぐわかったのにな〜美味しそうに食べてくれるし、なにより、その浴衣、よ〜似合ってるわ」

 

 

 

 

 

 

 

照史くんめっちゃ待ってたやろ、似た浴衣になんども顔をあげては、やらかした!ってわたあめ失敗してほしい。(頼む)

やんちゃな男の子に、うわー!なにしてんのー!!とか言われて、見られてもた〜!なんて小さい子と触れ合ってほしい。

あ、お神輿?お神輿担がせる?(してほしい事が多い)

これがないと始まらないとかいっといて、探し回った去年はお祭りの最後の方に買いに行ったんですね、だから照史くんからすると、なおさら疲れてる身体にその笑顔はしみたと…ほう…

一年前の秋祭りに連絡先きいとけばよかったな…とか思いつつ、今年も去年と同じ場所に屋台を出すんですよ…

見つけた瞬間彼の視点ではスローモーション

次の年は一緒にお店をだすか、秋祭りを回るか悩みましょう。(夏祭りにいきなよ)

隣の屋台では、鉢巻にTシャツを腕まくりした濵田崇裕という大人気屋台のお兄さんが「これはよそと違う焼きそばやで!何が違うって?…愛情。」とか言うてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は〜二人ずつなんて、少ない投稿でごめんなさい!

でも楽しいのでコンスタントに更新していけたらいいなと、どんどん上手に書けるように頑張りますね…!!

お読みいただき本当にありがとうございます。

あと3人!あ、濵田軍団の団長と幹部2人が残りましたね。

 

 

それではまた!