読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なないろ惑星

7つの惑星の発見は私達に希望をもたらしたのではないかという考察をもとにゆるゆるしてます。ついったーを開設しました。@7iro_planet

幼なじみ。ジャニーズWEST

 

 

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

 

 

いいジャニスト日和ですね〜(?)

前回のラストにちらっと言っていた幼なじみをやって行こうと思います。

 

1人ずつやっていきますが、他メンにもちらほら登場して頂こうかなとおもいますですはい…特に恋愛編はね?!ふふふ

だいたい年は高校生くらいかな、と設定してみました。

短めに!次回に恋愛編を持っていきたいので!

1記事何人いけるかなー?

そして今回からくじ引きで順番決めました。

 

それではどんどんいきましょ〜!どうぞ!

 

 

 

桐山照史

 

 「はい、これが唐揚げでしょ〜、あとこっちが煮物で〜…」次々にタッパーをあけていくと「わ〜!!きた!唐揚げ!やばいわ、あっ、この煮物もうまいねんな〜」とどんどん顔をほころばせていく照史くん。

ちょっと年上の幼馴染は、隣の家にすんでいる。うちのママが作る唐揚げが昔から大好きで、高校生になってもよくうちに食べにきたりしている。照史くんの両親が忙しかったりしていない日は恒例といってもいいくらい。

受験が近づいてきた照史くんのために今日はお夜食を持ってきたんだけど、この量…リバウンド間違いなしだな… 「うは〜いただきま〜す!!」という幸せそうな笑顔をみて結局喜んでるならいいや〜と甘やかしてしまう。

「食べ終わるまでいいやん、ここおってや、一緒に食べよ!」って言われたら太る…っていいながら一緒に食べちゃおう。煮物だけね!?

「じゃあ頑張ってね!」と空になったタッパーを持ち帰り際、「今日の唐揚げもしかして作ってくれた?」とさすが気がつく男。

ママに習いながら作ったのにまずかったかな、と思いながら頷くと、「ん、めっちゃ美味かったから次からも食べさして〜!揚げ加減がサクサクなんもええやん!」って揚げすぎたことすら褒めてくれるんでしょうね。

 

 

 

は〜お夜食…いいな、唐揚げはね、私が好きなだけです。ええ。

フォローがうまいであろう、いや、うまい。な桐山くんはそりゃもう、ね、なんだよサクサクってちょっと硬くなってんのになんだその良い言い方は優しいな。

距離の近い年上だからこそ兄妹みたいな垣根を超えたくなるものです。

 

 

 

神山智洋

 

同い年の神山智洋くん、通称ともくん。

父親同士が親友で、現在は自転車で5秒、走って15秒の距離に住んでる。つまりは近い。角を曲がればともくん家。

 

 「起きなさい〜!ともくんきてくれてるよ〜!?」という一階からのお母さんの声にももう全然反応できないほど眠い。なんで朝ってくるんだろう…………ん?え?ともくん?きたの?えっ?ってことは!?!?

バッ!と布団を剥ぎながら起き上がったところで

「もう…8時ってこと…おきた?」

ドアをあけて立ってるともくんがいた。

「やばいじゃん!!逆算して間に合うように家出るまで20分もないじゃん!!!」いつもなんとかともくんがくるまでには起きてるのに、今日はもう全然大丈夫じゃない、顔洗って化粧水なんかはとりあえずきっちりやって!!髪の毛を軽くとかして着替えてよし10分。

その間にともくんが荷物を玄関に運んでくれて、朝ごはんのスープを飲む間に髪の毛をアレンジしてくれて、今日は本当に時間がないからなんだけど、「ともくんありがとう…ごめんなさい」って言うと「今日だけやで」って言いながら結局危ない日は手伝ってくれる。

歯を磨いてる間にお弁当と荷物を自転車のカゴにつんでくれて、「あと20秒ででるで〜!」という声を飛ばしてくれるので、急いで靴をはき自転車の後ろにのると、間に合うように急いで自転車を漕いでくれるともくんは結構かっこいい。

学校についたら、「こら〜二人乗り禁止〜!」って先生に怒られましょう。

 

 

 

※日本では二人乗りは禁止なのなんで〜泣

 

やっぱりみんなのオカン神山くんにはお世話していただきたいのです。

制服をきっちりきてもいいけど、やっぱりここは夢の中ですから。パーカーきてもらっていいっすか。あ、そう、この間の…あれはポポロでしたっけ?制服着てましたが、あんな感じ最高じゃないです?

アレが(失礼)うちに迎えにくる?二人乗りで学校?は〜〜〜〜〜〜

 

 

 

重岡大毅

 

 ピコンッ♪ピコンッ♪

夏休み前の期末テストが迫ってきた頃、机の上に置いたスマホの通知がなる。

ピコンッ♪ピコンッ♪ピコンッ♪ピコンッ♪ピコンッ♪「……」だれかはなんとなくわかっているので、スマホを手に取ることなく、机横のカーテンと窓を開けると

「よっ!」とスマホ片手に窓に寄りかかる幼馴染がいる。勉強してたのか、彼の机の電気もつけっぱなしだ。「なに。」とまだ終わらない勉強を気にして短く返すと「もう21時やで〜?飽きたって〜」と心底疲れた…という演技をかましてくる。「ま!だ!21時だから…23時まではやって日付変わる前に絶対ねるから…」ほんと、寝なきゃ明日のテストもどうにもなんない。テスト中寝てしまう!!!

「おーい!」と言われそらした目を向ければいきなり何かを投げてくるので慌ててキャッチする。「食べよや。」と渡されたのは「こんな時間にアイス……」「いらんの?」「…食べるけど…」ちゃんとわたしの好きなチョコアイスだし…

「な〜赤点とったら勉強教えてな〜?」

 

 

 

 

その前に自力で乗り越えてほしい。

毎日21時に窓開けて話す習慣が昔からある系幼馴染とか重岡さんには似合いますね。

なぁなぁなぁ〜

って毎回LINEが送られてくる。

窓開けるまで通知やまない。 

かまってがすぎる。

 クセがありすぎる(CV.藤井流星)

そしてゲームをしまいこんでまでアイドルに捧げた彼がもし勉強にシフトしていても成績は良かったような気はするのですが、なぜか成績わるくても良くても似合ってしまう…くっこれが重岡大毅

正直海老沢くんが染み付いてしまったので、ヘタレ好きです。彼の照れキャラはそこも影響してるんじゃなかろうか。

 

 

 

 

 

 

 

ということで幼馴染編も2こに分かれます!

もう一回更新できるかな〜

 

いいですね、幼馴染って。

わたしも幼馴染とは不思議な関係です。友達ともまた違う感覚があります。

まぁ、携帯絶対もたないから…っていって進学していったので今なにしてるか全く知らないんですけどね。(本当に携帯もたない生活してたと聞きました。なにがしたかったんや)

そういえば地元で一回会いましたね…

変わらなかった彼は。