読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なないろ惑星

7つの惑星の発見は私達に希望をもたらしたのではないかという考察をもとにゆるゆるしてます。ついったーを開設しました。@7iro_planet

褒めてください。ジャニーズWEST

この記事は、重岡大毅くん桐山照史くん中間淳太くんの記事です。

 

 

さてこの時期がやってきましたね!そう!五月病

(嬉々としていうことではない)

そんなときは…やっぱり褒めてもらって乗り切りたいものです…

たべるのもいいね

 

というわけで、短いですが

ワンシチュエーションずつやってみようかと思います!

楽しんでいただければなによりです。

 

それではどうぞ~!

 

 

 

 

 

重岡大毅

 

 

「は?」

なんだその顔は。今日は朝めざましと共に起きることができて、お弁当まで作って家をでた。最高に褒めて欲しいことだったから、会社での昼休み食堂でご飯を食べてる彼氏に言いに行ったらこれだ。

「お弁当まで作ったんだよ!?」いつもの私だったらギリギリに起きちゃって、お弁当どころか水筒すらもってこれない。

ちょっとくらいさ、おーえらいやん。くらいさ!褒めてくれるかな~って期待したのに。

 

拗ねつつも自分的には上出来のお弁当を広げていたただきま~  す、の前になくなるハンバーグ。

「うまいやん」

横取りした犯人はニコニコ笑っている。

「ハンバーグが…」ニコニコ笑顔でうまいなんて言ってもらえただけで許しそうになる自分にちょろいなあ…とか思っていたら

 

「こういうのって、彼氏にも作ってくれるもんじゃないん」

 

モグモグしながら真顔で言われた言葉に思わず顔が熱くなった。

 

 

 

 

 

急に出してくる彼氏感

 ねだってるって…?真顔で…

 

 

 

 

 

桐山照史

 

 

「で、できた…!」できたできた!!!

鉄板焼きの上でほかほかと焼きあがったのはお好み焼き。

先輩の大好物を部活のキャンプで作りたくてメニューにねじ込んだものの、作ったことのない粉もんは難しかった。

夕飯の準備は下級生でやるからと、先輩たちが集合するまでに各自担当の料理を仕上げ、なんとか間に合ったところだった。

「うぉ~!うまそうやな!」

ソースとマヨネーズに青のりをかけたところでちょうど調理場に照史先輩が顔をだした。

ちょっとだけ崩れちゃいましたけど、なんて失敗も

「そんなんええねん!大事なのはあ~いじょう!!」

どストレート過ぎて頭が沸騰しそう。

「うわ~すげえ!これ食べていいの?」ほかの先輩も匂いを嗅ぎつけて来てくれて、褒めてもらえてなによりだ。

「ちょちょ、まった!これは俺のやから、むーり!!」

必死に鉄板の前でかばう先輩に「全部たべるんですか…!?」と聞けば

 

「当たり前やん、大好きな子が作ってくれた大好物やねんで!全部くったる!!」

 

 

 

 

 

夏 キャンプ 腕まくり 桐山照史

いい景色しかない。

 

 

 

 

 

 

中間淳太

 

 

今日は久しぶりのデート…だから、いつもは着ないスカートを選んでみた。パステルイエローのフレアスカート。白のシャツと相まって予想以上に爽やかな装いになってしまった。でもいつもたまには着て欲しいって淳太くんはいうから…ちょっとだけ勇気を出した。

誰だって好きな人の笑顔はみたい!

 

待ち合わせ場所でキョロキョロしている淳太くんに後ろから抱きつく

「おまたせ!」

 

「うおっ!びっくりした…、もうなんやね

 

と振り返った淳太くんは急に腕を引っ張って。車にあっという間に乗せられてしまった。

 

「も~心臓に悪い。そんな可愛い格好で出歩いたらあかんって、まじで家まで迎えに行けばよかった。」

 

予想以上の反応にどうしていいかわからないけど、可愛いと言われると勇気を出した甲斐がある。

 

「俺のために頑張ったってことやろ?ほんまかわええな」

 

おでこでチュッと音がした。

 

 

 

 

メロメロばかっぷるめ…

人に見せたくない淳太くんはさあどこにデートにいこうか。

 

 

 

 

 

はい!前半戦終了です!三人分で昨日のブログの約半分ですかね…笑

少しでも素敵なキュンが共有できてたらいいなと思います。

いやー、褒められたい。うん、五月を乗り越えましょうね…

24魂の発売日までとにかく駆け抜けましょうね…

クリスマスツリーと、くつしたと…ケーキも用意しなくっちゃね

 

それではまた!